読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんくるないさ~NZワーホリブログ

You only live once.ゆるーく記録していきたいと思いますヾ(o´∀`o)ノ

国際線から国内線へ

私は南島のダニーデンに行くので国際線から国内線へ移動が必要でした。

その流れを書いていきたいと思います。

 

※本当は写真をいっぱい撮って分かりやすく書いていけたらよかったのですが、カナダで乗り遅れたトラウマのせいで必要以上に急いで移動した結果、オークランド空港の写真はたったの一枚(しかもへたくそw)のみです。なので、文字のみの分かりにくい説明になると思いますが、ご了承くださいませヾ(´ε `;)ゝ

  

入国審査を終えて人の流れに着いていき、免税店などを通り過ぎて荷物を取ります。

その後、荷物を持って検疫へ。

NZは食品に対して厳しいと聞いていたので、私はインスタント味噌汁などちょっとしたものしか持って行きませんでした 。

そこで入国カードを渡し、

Kiwi「食べ物は何を持ってきたのか?」

私「インスタント味噌汁とか」

を説明して荷物チェック。

無事、クリアしてゲートを出ました。

 

 

さて、問題はここからです。国際線から国内線ターミナルまでこんな邪魔な荷物(LLサイズのスーツケースと50Lのバックパックとサブバック)を持って移動しなくてはいけません。

調べたところ、歩く(約5分らしい)か、無料バス(約10分ほど)に乗って移動という方法がありました。

とりあえず、バス乗り場の場所を確認したかったので、ゲートすぐのインフォメーションで問い合わせて

私「荷物も一緒に運ぶんだよね?(;´Д`)」

と聞いてみたらなんと!!荷物を国内線ターミナルまで持っていかずともトランスファー出来るというではありませんかヾ(o´∀`o)ノワーイ

だめもとでしたが聞いてみてよかったーヾ(*´エ`*)ノ

ゲートから出たら右にまっすぐ進んだところにNZ航空のチェックインする所があるので職員を捕まえてチケットを見せ「トランスファーしたいです。」と伝え、荷物を預けました☆

自分で出来るようですが、面倒臭かったので私はすぐ職員に頼りました(笑)

 

 

身軽になったところでバスストップへ向かいます。8番出口から出て、すぐ斜め左にあるのでそこから緑の”Free Terminal Transfer Bus”(多分そう書かれていたはず)のバスに乗って移動し、後は国内線で搭乗時間を待つだけで終了です!

フードコートもあったので小腹が空いていても待ち時間を潰すのに困らないと思います。

 

 

オークランド空港は大きくなく、その他諸々については他の方がブログに書いていたりするので今のところ割愛します。

時間見つけて詳しく書けそうなら修正していきたいと思います☆

 

 

出発前に調べたサイトにも荷物のトランスファーのやり方は見つけられず、国内線ターミナルに移動するバスに乗る人たちもほぼ荷物を一緒に持って移動していたのであまり知られていないのかもしれません。

※このトランスファーはNZ航空のやり方です。ほかの航空会社の場合は違う可能性もあるので、インフォメーションスタッフに確認したほうがいいと思います。

 

 私が見た範囲でしかないのですが、オークランド空港のインフォメーションスタッフは結構なご高齢者でした。

私のめちゃくちゃな英語も聞く努力をしてくれ、ゆっくりとしゃべってくれたし、分かり易い単語を使ってくれたので凄く助かりました!!

もしかしたらボランティアとかなのかなー?

こうやって高齢者が社会との関わりが持てる事は良い事だと思うので凄くホンワカかした気持ちになりました。